崖っぷち対米交渉、習近平式「集中指導」の明と暗
編集委員 中沢克二

習政権ウオッチ
習政権
(1/3ページ)
2019/2/20 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米中貿易協議の3月1日の交渉期限を前にワシントンで世界が注視する米中閣僚級協議が2月21日から再開される。中国経済は1月の新車販売が前年同月比で15%も落ち込むなど綱渡り。危機打開の使命を負う中国側交渉団は、共産党トップとしての習近平(シー・ジンピン)が直接、指揮する体制を敷いている。

「(習近平をトップとする)共産党中央の組織が直接、対米交渉をコントロールしている。委託を受けた経済ブレーン、劉…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]