家庭用ゲーム市場、18年は2.7%減 「スイッチ」反動で、民間調べ

2019/2/19 14:30
保存
共有
印刷
その他

ゲーム情報誌「週刊ファミ通」を発行するGzブレイン(東京・中央)によると、2018年の国内家庭用ゲームの市場規模は前年比2.7%減の4343億円だった。13年から16年までの市場は3年連続で縮小したが、17年は任天堂の「ニンテンドースイッチ」がけん引し、4464億円に大幅拡大。反動で18年は再び縮小に転じた。

分野別にみると、ソフト市場は同8.2%増の2642億円だった。最も販売本数が多かったカプコンの「モンスターハンター:ワールド」はダウンロード販売が全体の3割近くを占め、大幅に寄与した。

ソフト市場の規模にはパッケージソフトのほかダウンロードや追加課金などのオンライン決済分が含まれる。ソフト市場は2年連続で前年比でプラスになった。19年も「キングダムハーツ3」など人気タイトルが登場しており、市場の動向に注目が集まる。

ゲーム機のハード市場は1700億円で同15.9%減と大幅縮小した。「スイッチ」が好調だった17年の反動による減少で、Gzブレインは依然として高い水準で推移していると分析している。

Gzブレインはあわせて18年のソフト販売本数ランキングを発表した。1位は「モンスターハンター:ワールド」(カプコン)。2位は任天堂の「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」で、12月の発売ながら、3週間程度で200万本に到達し、「スイッチ」本体の販売も押し上げた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]