/

この記事は会員限定です

ホンダ、「鬼門」の欧州 シェア1%の壁厚く

[有料会員限定]

ホンダが英国の完成車工場を2022年をメドに閉鎖する方針を固めた。同社の欧州へのこだわりは強いものの域内シェアは1%以下と低迷し、「鬼門」とも呼べる市場だった。四輪事業の利益率改善が急務のホンダは、英国の欧州連合(EU)離脱のリスクが顕在化するなか、長年の懸案の整理にめどをつけた。欧州からの撤退は次世代車開発の競争力を下げるリスクもはらむ。

欧州自動車工業会(ACEA)によれば、ホンダの欧州域内の18年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1581文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン