/

銀行以外も100万円送金可能に、金融相が表明

麻生太郎金融相は19日の閣議後の記者会見で、送金できる金額に制限がない銀行と100万円までの送金業者の中間に「新しい類型」をつくる意向を正式に表明した。

これまで100万円を超える多額の送金は免許制で高い参入障壁がある銀行にしか認めてこなかったが、新たな区分を作って割安な価格で送金サービスを手がけたい新興企業なども参入できるようにする。

金融とIT(情報技術)が融合したフィンテックの進展で送金サービスを手掛ける業者が増えてきたことに対応するもので、金融審議会で具体的な制度設計をつめる。金融庁は2020年の通常国会に資金決済法など関連法改正案の提出をめざしている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン