2019年9月15日(日)

亀田製菓、玄米食品会社を子会社化 食品事業を強化

2019/2/18 21:00
保存
共有
印刷
その他

亀田製菓は玄米関連の食品を扱うマイセン(福井県鯖江市)の株式を9割取得し、18日付で子会社にした。マイセンは玄米を原料としたパンや菓子に強みがある。米菓以外の食品事業の開拓を急ぐ亀田製菓は、マイセンの子会社化で同事業を強化し、健康志向の消費者の需要を取り込む。

マイセンの株式180株を取得した。金額は非公表。亀田製菓の連結業績に与える影響は軽微の見込み。

マイセンは1992年設立で、2018年6月期の売上高は約4億円。玄米パンや大豆を肉のように加工した食品など、小麦粉を使わない食品に力を入れている。14年には子会社マイセンファインフード(同)を設立。大豆以外のアレルギー特定原材料などを使わない工場がある。

亀田製菓は、18日付で同社の村井龍昭総務部長付部長がマイセンの社長に就く人事も発表した。マイセンの社名は残る。

「亀田の柿の種」など米菓で知られる亀田製菓だが、健康をテーマにした食品の開発、販売を進めている。直近では大豆を使ったおつまみやカップのおかゆなどを試験販売した。マイセンの子会社化で玄米などを使った新商品の開発を進めるほか、販路や製造ノウハウなども両社で共有する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。