2019年6月19日(水)

スズケンと東邦HD、後発医薬品で新会社
高付加価値品の流通も共同展開

2019/2/18 19:18
保存
共有
印刷
その他

医薬品卸3位のスズケンと同4位の東邦ホールディングス(HD)は18日、後発医薬品の流通で折半出資の新会社を4月1日に設立すると発表した。再生医療分野など高付加価値型の医薬品流通では、スズケン子会社のエス・ディ・コラボ(東京・千代田)に東邦HDが3割超出資する。両事業を共同で展開し、競争力を高める。

スズケンと東邦HDは2018年7月、効率化やコスト削減を目的に両事業や調剤薬局向けの在庫管理システムの利用などで連携することで基本合意していた。

新設する後発品会社は、製品企画や生産を担うメーカーとの交渉を行う。スズケン、東邦HDそれぞれの子会社を通じて販売する。高付加価値品の流通では、双方のシステムや装置などの共同利用も進める。

スズケンはすでに、東邦HDが強みとする調剤薬局などに提供する在庫管理システムの利用を始めている。さらに医療経営支援を手掛ける東邦HD子会社のネグジット総研(神戸市)に3割程度を出資し、調剤薬局などからの問い合わせ窓口の一元化も検討する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報