七尾駅前の商業施設「パトリア」、3月3日に閉店

2019/2/19 6:00
保存
共有
印刷
その他

石川県七尾市の七尾駅前にある複合商業施設「パトリア」が、3月3日の営業を最後に閉店することになった。七尾市などが出資する第三セクターの運営会社「七尾都市開発」が、業績悪化を受けて破産申し立てを決定。入居する小売店などテナント22店舗が営業を終える。

同施設は中心街の再開発で1995年に開業した。当初は能登地域で最大級の商業施設としてにぎわったが、地域の人口減少や競合施設の増加を背景に客足が鈍化。2年前に核となるテナントのスーパーが撤退して以降、賃料収入が落ち込み業績が悪化した。今後は地権者でつくる管理組合が建物を管理する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]