/

首相、拉致被害者の一部生存報道にコメントせず

安倍晋三首相は18日の衆院予算委員会で、北朝鮮の拉致被害者の一人である田中実さんが生存していると日本政府に伝えていたとする一部報道について「今後の対応に支障をきたす恐れがあり、コメントを差し控える」と述べた。

首相は27、28両日に開く米朝首脳会談の前に「トランプ米大統領と電話協議し、日米で緊密に擦り合わせをしたい」と強調。「あらゆるチャンスを逃すことなく果断に行動する」と語った。自民党の石崎徹氏への答弁。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません