塩釜の五光食品、UVでカキのうまみ引き出す
(技あり企業)

2019/2/18 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食品加工の五光食品(宮城県塩釜市)がカキの加工法で新境地を開いている。紫外線をあててうまみを引き出す「UV加工」だ。天日干しを応用することで風味が落ちず、生食が苦手な人でも食べやすくした。常温で60日間保存できる。東日本大大震災で被災した工場を再建し、新しい商品で市場開拓をめざす。

創業は2008年。実は赤倉賢社長は水産加工業の経験がない。もとはビルメンテナンス会社の経営者だった。生カキなどを販…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]