/

知事の委員会出席を要請 都議会自民、築地再開発巡り

東京都議会自民党は18日記者会見し、旧築地市場の再開発を巡り、小池百合子知事の説明責任が果たされていないとして知事に関係委員会に出席するよう求めた。都議会では20日の定例会開会前の常任委員会が開かれない状況が続いている。

記者会見する都議会自民党の幹部(18日、東京都庁)

小池知事は旧築地市場に関して1月23日、市場業者の使用料収入からなる中央卸売市場会計から一般会計に移す方針を示した。これに対し自民は、知事が17年に市場会計のなかで再開発するとしていたと指摘。さらに知事が「食のテーマパークにする」として市場機能の一部を旧築地市場に残すとしていたが、再開発では盛り込まれていないとして反発している。

都は18年度補正予算案に、築地跡地を一般会計に移すため5400億円を盛り込んだ。都議会では3月6日に同予算案を採決する予定だが、自民は「知事の口から説明が一切ない。受け入れられない」(吉原修幹事長)とし、知事に説明を求めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン