9/24 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: [FT]大手銀、新型コロナによる金相場変調で巨額の利益[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均大幅続落、終値258円安 感染再拡大に懸念
  3. 3位: ソフトバンク株1.2兆円売り出し きしむ証券営業[有料会員限定]
  4. 4位: ウォルマート、加速する無形資産シフト DXで生き残り[有料会員限定]
  5. 5位: マイナンバー、21年に口座と連動 政府がデジタル化推進[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,087.82 -258.67
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,920 -270

[PR]

主要企業ニュース

フォローする

広済堂MBO、創業家が反対表明 株価はTOB価格上回る

2019/2/18 20:30
保存
共有
印刷
その他

広済堂が1月に発表したMBO(経営陣が参加する買収)について、創業家の大株主と監査役1人が18日、反対の意向を正式表明した。買収で負債が膨らむことなどを問題視し、他の株主に経営陣らが実施中のTOB(株式公開買い付け)に応じないよう呼びかけた。

創業者の親族の桜井美江氏が書面を通じて表明した。同氏は昨年9月末時点で発行済み株式の9.7%(自己株式を除く)を持つ。社外監査役の中辻一夫氏もMBOに反対し、経営陣らの狙いを「大株主対策または買収リスクの回避にある可能性がある」とした。

一方、広済堂は「MBOの意義を理解してもらえるよう引き続き努力する」との声明を出した。

広済堂が3月1日に応募を締め切るTOBの価格は1株610円。だが株価はTOB価格の引き上げに期待する買いなどを受けて大きく上昇し、18日の終値は709円だ。株価がTOB価格を上回る状況が続くと株の応募が集まらず、MBOが失敗する可能性が高い。

1月7日に関東財務局に提出された株保有の届け出によると、エイチ・アイ・エス創業者の沢田秀雄氏が会長を務める沢田ホールディングス(HD)が広済堂株を12.4%保有する筆頭株主になっている。沢田HDは日本経済新聞に18日、「TOBに応募するかどうか決まっていない」と語った。

主要企業ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム