韓国・文政権 財閥経営監視強化も不発?

2019/2/18 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が年金資金を運用する国民年金公団を通じ、企業の経営監視を強める方針を打ち出した。同公団は多くの財閥系企業の株を持つ。文政権が掲げる財閥改革の一環で、同公団に対し、3月に開催予定の定時株主総会で、不祥事が相次ぐ財閥企業に対し積極的に株主提案をするよう指示した。ただ、同公団が具体的に行動したのは2事案だけ。政権の支持層からは不満も漏れる。

1月23日、韓国大統領府で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]