/

この記事は会員限定です

業績悪化は中国のせいか 問われる戦略

(グローバルViews)

中国総局 多部田俊輔

[有料会員限定]

米国や日本で業績悪化の理由に中国市場の減速を挙げる経営者が相次いでいる。確かに中国市場の減速は鮮明だが、2018年12月期に中国上場企業の6割近くが収益改善を見込む。業績悪化の原因は中国市場の減速なのか。変化が激しい中国の消費者の動向に素早く対応できなかった企業戦略が主因ではないのか。

アップルCEOの発言がきっかけ

「中華圏(中国大陸と香港、台湾)での景気減速の規模感を想定できなかった」。米アップルのティム・クック最高経営責任...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1581文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン