福祉施設の夜、高齢者守るセンサーの砦 職員も負担減
メガロ24h

2019/2/20 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「センサーの砦(とりで)」といわれそうな特別養護老人ホームがある。砧ホーム(東京・世田谷)は高齢者を見守るため、各居室に5種類のセンサーを設置。要介護者を抱える時などにサポートする、装着型の作業支援ロボットも導入した。入所者の安全確保だけでなく、職員の負担を軽減する取り組みを進める。

1月末の夕方。小田急線・成城学園前駅からバスで10分ほど住宅街を進むと、障害者施設などが入る5階建ての建物が見え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]