[FT]保守派の米大富豪、データ規制問題でIT業界と連携

FT
2019/2/18 15:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全米有数の資産家として知られるチャールズ・コーク氏の率いる組織が、個人情報保護に関して政治家へのロビー活動を開始した。保守派の大口献金者である同氏がシリコンバレー、特にグーグルとの連携を深めるという意外な構図だ。

チャールズ・コーク研究所とロビー団体「繁栄のための米国人」は、他の組織とともにプライバシーを2019年の重要な政治的課題の一つに掲げている。政界では、IT(情報技術)企業のデータ利用に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]