2019年3月22日(金)

認知症タイ女性中国で発見 7カ月不明700キロ歩行か

2019/2/18 10:06
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=共同】タイ北部で2018年6月に行方不明になった認知症の女性(59)が、自宅から約700キロ離れた中国雲南省昆明で19年1月に保護され、17日までにタイに帰国した。どのようにして昆明にたどり着いたのかなど、行方不明だった約7カ月間の行動は分かっていない。

タイのメディアによると、女性はタイ北部チェンライに居住。「中国に住んでいる息子や親戚に会いに行った。中国で人々に食べ物をもらった」などと話している。

自宅から昆明まで歩いた可能性がある。ただタイ北部から中国に行くにはミャンマーやラオスの国境を越えなければならず、どのように通過したかも分かっていない。

中国で警察に保護され、所持していた身分証明書から身元が分かった。体重が約20キロ減ったが、健康状態は良好という。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報