2019年3月27日(水)

確定申告スタート スマホで申告可能に

確定申告
2019/2/18 8:50
保存
共有
印刷
その他

2018年分の所得税の確定申告の受け付けが18日、全国の税務署などで始まった。給与が2千万円を超えるサラリーマンや給与以外に年間20万円を超える所得がある人、個人事業主などが対象。期間は3月15日までで、一部の申告会場では2月24日と3月3日の日曜日にも対応する。

確定申告が始まり、税務署で手続きをする人たち(18日午前、東京都港区の品川税務署)

確定申告が始まり、税務署で手続きをする人たち(18日午前、東京都港区の品川税務署)

【関連記事】イチからわかる確定申告 混雑緩和へスマホで手続き

18年分からスマートフォン(スマホ)でも確定申告が可能になった。国税庁はホームページ(HP)でスマホ申告の専用画面を提供している。専用画面は年末調整済みの給与所得者なら利用でき、医療費控除やふるさと納税などの寄付金控除の申告が簡単にできる。仮にミスがあっても、期限内ならば再びスマホ申告をすれば問題ない。

スマホ申告には税務署発行のID(16桁の数字)と自身で設定するパスワードが必要。IDは運転免許証などの本人確認書類があれば、どこの税務署でも発行してもらえる。

18年は副業元年ともいわれ、副業を認める企業が相次いだ。副業で20万円超の所得があった人も申告が必要だ。他にも、国税庁はネットオークションなどを利用した個人取引による所得や、仮想通貨取引、競馬などギャンブルから生じた所得の申告漏れに注意を呼びかけており、同庁のHPで集計用のフォーマットを表計算ソフト「エクセル」で提供している。

品川税務署(東京・港)では18日午前、俳優の高橋英樹さん夫妻と娘の真麻さんが「国税電子申告・納税システム(e―Tax)」で申告をした。スマホ申告を体験した真麻さんは「早くて、簡単でびっくりした。画面も見やすくすごく便利だ」と話した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報