/

この記事は会員限定です

社外監査役が反対 広済堂のMBO、負債増など問題視

[有料会員限定]

東証1部上場で印刷や葬儀事業を手掛ける広済堂が1月に発表したMBO(経営陣が参加する買収)について、社外監査役の中辻一夫氏が18日、反対の声明を公表した。米投資ファンド、ベインキャピタルと組んだMBOだが、買収で負債が膨らむことなどを問題視。他の株主に経営陣らが実施中のTOB(株式公開買い付け)に応じないよう呼びかけた。

MBOを巡っては創業者の親族である桜井美江氏も反対の意向を示している。同氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン