/

日経企業イメージ調査、トヨタが18年連続で首位 小売業も上昇

日本経済新聞社と日経広告研究所は「第31回日経企業イメージ調査」をまとめた。ビジネスパーソンが抱く企業イメージの総合ランキング(調査21項目の平均得点=総合得点)はトヨタ自動車が18年連続で1位だった。

自動運転やAI(人工知能)の開発で先行するグーグルが前回の3位から2位に上昇した。ソフトバンクグループは自動車や産業機器をネットでつなぐ技術・サービスで通信業が注目され7位(前回15位)に順位を伸ばした。小売業も評価が高まっている。ユニクロを展開するファーストリテイリングは3位(同13位)で、高機能素材の商品が話題となった。

調査項目「成長力がある」でも小売業が上位に並んだ。ニトリは4位(同12位)で、新しい生活スタイルを提案する家具が好評だった。フリーマーケットアプリ運営のメルカリは5位に入った。

調査は、2018年8~10月に首都圏2834事業所を訪問して実施。672社の5561人が回答した。「顧客ニーズへの対応に熱心」など21項目を毎年継続して質問し「当てはまる」と回答した割合を得点とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン