宮城北部の「復興道路」開通 気仙沼-仙台直結

2019/2/16 18:23
保存
共有
印刷
その他

東日本大震災の復興道路として国が整備している三陸沿岸道路の歌津インターチェンジ(IC、宮城県南三陸町)―小泉海岸IC(同県気仙沼市)の10キロが16日、開通した。この延伸で、県最北端の気仙沼市が仙台市と直結。首都圏へのアクセスが向上し、特産の水産物の輸送速度向上や観光客の増加が期待される。

三陸沿岸道路の歌津IC―小泉海岸IC間の開通で、気仙沼市方面に向かって走る車(16日、宮城県南三陸町)=共同

南三陸町で開かれた式典には、国土交通省や地元の関係者らが出席。石井啓一国交相は「物流や周遊観光に大きく貢献し、沿岸地域の復興、まちづくりを力強く後押しすることを期待している」とあいさつした。

この日は、気仙沼市内の本吉津谷IC―大谷海岸IC間の4キロも開通した。

三陸沿岸道路は仙台市から青森県八戸市までの沿岸部を結び、総延長は359キロ。今回の開通で、66%に当たる238キロが整備済みとなった。気仙沼市の一部と、青森、岩手両県に未開通区間が残っており、国は2020年度の全線開通を目指している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]