2019年8月20日(火)

明日葉 滋養強壮に効果(彩時季)

2019/2/16 16:55
保存
共有
印刷
その他

独特の香りと苦みがあり、天ぷらやお浸しの食材となるアシタバ(明日葉)。今日摘んでも明日にはもう葉が出るところから名付けられた。年間を通じて出荷されるが、若芽が多く出る2月下旬から5月ごろが旬だ。

古くから滋養強壮に効果がある薬草として知られ、江戸時代の農学書「大和本草」でも紹介されている。現代では青汁の原料としても使われる健康野菜として注目を集める。ビタミンやミネラル、鉄分などの成分が豊富で、ホウレンソウを超える食物繊維を含む。高血圧予防や便秘防止にも効果があるという。

原産地は日本。関東から紀伊半島の太平洋沿岸部に自生する。主な産地は東京都の伊豆諸島。全国生産量の9割近くを占め、近年、生産を伸ばしている茨城県が続く。

伊豆大島農業生産組合(東京都大島町)の担当者は「例年より暖かく、今年春も順調に出荷できそうだ」と話す。2月中旬時点の都内スーパーでは1束あたり300円前後と、前年並みの価格で並んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。