大阪・西成に中華街構想 商店街一帯、総領事も後押し

2019/2/16 12:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪の中国人の団体が中心となり、大阪市西成区で「大阪中華街」をつくる構想を進めている。15日には地元商店主らとの協議に当たる委員会を発足し、駐大阪中国総領事が名誉顧問に就くなどして後押しする。周辺は近年、中国系の人が出資する飲食店などが増えており、関係者は「地元と手を携え、より魅力的な街にしたい」と話す。

活動の中心は、中国人不動産関係者らが2017年に設立した一般社団法人「大阪華商会」。地下鉄…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]