高級魚アコウ、大阪湾で復活 G20で世界にPR

2019/2/16 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

漁獲量が少なく希少価値が高いとされる、高級魚アコウ(キジハタ)を大阪湾で育てる取り組みが進んでいる。ベイエリア開発の影響で一時は姿を消したが、稚魚の放流などで取れ高は少しずつ回復。大阪府は6月に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議の食事会のメニューへの採用も目指す。訪日外国人らに「食の都」としても愛される大阪の新たな名物に育つか注目が集まる。(大畑圭次郎)

2月12日、大阪府立環境農林水産総…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]