/

この記事は会員限定です

事件捜査、進化する科学の目 科捜研、古い血痕も鑑定

[有料会員限定]

現場に残された血液の鑑定、犯行に及んだ容疑者の心理分析、毒物や薬物の解析――。警察の事件捜査に欠かせない科学的アプローチを担う科学捜査研究所では、技術を磨く研究が日々続いている。九州の県警でも、古い微量な血痕を鑑定可能にしたり、偽造印鑑を短時間で見分けたりと、新たな技術を開発。科学の目が真相解明の要を担っている。

「今まで解明できなかった未解決事件の捜査に貢献したい」。福岡県警科捜研の松村秀策さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り986文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン