/

この記事は会員限定です

小ぶりのサツマイモ、香港へ輸出 半分サイズが人気 鳥取の企業

[有料会員限定]

グループ会社で青果物栽培を展開する建築資材卸の石田コーポレーション(鳥取県米子市)は、サツマイモ「紅はるか」の香港への本格的な輸出に乗り出す。今春から香港で人気が高い小ぶりなサイズのイモの栽培を始め、5年程度をメドに年間150トン規模への輸出拡大を目指す。サツマイモの国内需要は減少傾向で、国外の販路開拓で事業拡大を図る。

石田コーポレーションによると、日本で焼き芋に適したサイズは200グラム前後だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン