/

この記事は会員限定です

消えた原発輸出(3)若者への技術伝承 危機に

[有料会員限定]

1月、東京都世田谷区にある東京都市大のキャンパスで原子力安全工学科の学生たちが議論を交わしていた。「原子力は再生可能エネルギーが普及するまでのつなぎだ」「安全保障の面から日本が原子力を手放すことはない」

同大学は前身の武蔵工業大学時代から日立製作所三菱重工業などの大手原発メーカーに多くの学生を輩出してきた。2011年3月の東京電力福島第1原発事故後も同学科の入学希望者は減っていないが、原発の再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り768文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン