新潟市のワイナリー、欧風プチホテルを新設

2019/2/16 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ワイン醸造所などを運営する欧州ぶどう栽培研究所(新潟市)は、観光誘客を強化する。11月に同市西蒲区のワイナリー「カーブドッチ」の敷地内に全10室の小規模ホテルを開業し、既存の宿泊施設と合わせ2棟体制にする。新ホテルは地元産ワインと料理を楽しめるフランスの宿泊施設の運営手法を取り入れ、県内外からの来訪者拡大を目指す。

11月に開業するホテルの名称は「トラヴィーニュ」で、木造の2階建て、延べ床面積8…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]