和歌山のIT集積 白浜→田辺 農村交流施設にオフィス棟

2019/2/16 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

和歌山県で官民を挙げたIT(情報技術)企業の誘致の取り組みが進んでいる。ミカンや梅の栽培が盛んな田辺市にある民間の農村交流施設「秋津野ガルテン」は4月、専用オフィス棟を新設、県は建設資金を支援する。大都市の企業のサテライト需要を取り込み、ITを活用した農業の効率化も狙う。隣の白浜町での誘致の実績を生かし、周辺自治体にも企業を集める考えだ。

熊野古道観光の入り口の一つ、JR紀伊田辺駅(田辺市)から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]