/

福井の織物3社、共通ブランド シルクなど技術力PR

福井県の織物製造3社は15日、技術の発信と維持を目的とした共通ブランド「BATTAN BATTAN(バッタンバッタン)」を立ち上げたと発表した。首都圏や欧州、香港などの富裕層向けに高級ストールを製造し、今秋をメドに百貨店や新設するブランドサイトで販売を始める。

国内トップクラスの織りの技術を持つ織工房風美舎(福井市)、山崎ビロード(越前市)、東野東吉織物(勝山市)の3社が連携した。本来は企業秘密の独自の織り技術も共有しながら各社が「いまだ世にない」という製品の開発を目指す。

ブランドとしての展開に加え、海外のトップブランドからの受注拡大にもつなげたい考え。

ブランドの共同代表を務める織工房風美舎の沢田真介社長は「若者が(織物業を)志すきっかけをつくり、産地の技術を維持することが最大の目的だ」と話す。

ストールは生地の素材感が出やすく技術力をアピールできるとして商材に選んだ。メッシュ生地をつくるカラミ織り、ベルベット、和服の胴裏をつくるぬれよこ羽二重の3種類の織り方で、5つの製品を用意。いずれもシルクとカシミヤを使い、ブランドとしての統一感を出している。

価格は10万円前後を予定。販売と製造は製品ごとに3社が分担する。当初は1社当たり年間300枚程度の製造が可能としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン