/

この記事は会員限定です

予備校大手「エドテック」で個別化加速、駿台は新興AIと組む

[有料会員限定]

大手予備校で、IT(情報技術)で教育を高度化する「エドテック」が進んできた。駿河台学園(東京・千代田)は日本データサイエンス研究所(同・文京)と業務提携すると発表した。習熟度ごとに自習できる教材を開発する。集団授業を強みとしてきた大手が、一人ひとりに合わせる個別化教育にかじを切る。

日本データサイエンス研は東京大学発のスタートアップ企業。人工知能(AI)を使い、難関大学志望者向けに復習用の教材を駿...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン