/

この記事は会員限定です

路線バスの自動運転、「乗客ケアする車掌が必要」

自動運転が作る未来(32)

[有料会員限定]
日経BP総研

1918年の創業以来、100年間にわたって岡山県で路線バス事業を営む宇野自動車(宇野バス)は、これまで一度も運行補助、車両購入補助などを受けたことがない。2018年2月には岡山後楽園と岡山駅を結ぶ「岡山後楽園バス」の運賃を、大人均一140円から100円に値下げした。路線バスの運賃値下げは異例である。18年4月、宇野自動車はソフトバンクグループのSBドライブ(東京・港)と自動運転バスの実用化に着手した。宇野自動車の宇野...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3891文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン