/

消費増税時のプレミアム商品券、1人2万5000円まで

政府は10月の消費税増税に合わせて発行するプレミアム付き商品券の制度の詳細を固め、15日までに自治体に示した。利用者は1枚あたり400円を払うと25%分を上乗せされた額面500円の商品券を購入できる。10枚セットの4千円(額面は5千円)から購入可能で、上限は1人あたり2万円(同2万5千円)。

2歳以下の子どもがいる世帯が対象だが、政府は6月2日以降に生まれる子どもは対象から外す案を提示。これまでは住民税非課税の世帯と2歳以下の子どもがいる家庭を対象にすると説明してきた。自治体の事務負担を考慮して例外を設ける。準備期間を設けるため線引きが必要と判断したが、反発が出る可能性がある。

商品券を使えるのは発行自治体にある小売店。利用できるのは2020年3月までの半年間を原則とする。商品券での購入におつりは出ない。購入する際の引換券は非課税世帯は自宅に郵送し、買った分を自治体が把握できるようにする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン