/

JR東 都心と羽田空港結ぶ新線、29年度にも開業

(更新)

JR東日本の深沢祐二社長は15日、羽田空港と東京都心を結ぶ新路線「羽田空港アクセス線」について、5~6月に、東京駅方面とつなぐ「東山手ルート」の環境影響評価に着手すると発表した。2029年度の開業を目指す。開通すれば、羽田空港と東京駅を約18分で結び、従来よりも約10分短くなる。

「上野東京ライン」の電車が羽田空港に乗り入れる(JR東日本提供)

東山手ルートは空港に設ける新駅から、約5キロメートルのトンネルを新設して東京貨物ターミナルまでつなぐ。ターミナルから山手線田町駅近くまでの約7.4キロメートルは、自社の貨物線を利用する。同駅近くからは東海道線に乗り入れる。

JR東は環境評価に3年、工事に7年かかるとみている。深沢社長は日本記者クラブでの会見で「羽田空港は利用が増えていく。アクセス線をつくることは社会的に意義がある」と話した。

東山手ルートが開業すれば茨城、群馬、栃木方面を結ぶ「上野東京ライン」の電車も、羽田空港に直接乗り入れることができる。

JR東は新宿駅方面とつなぐ「西山手ルート」、新木場方面とつなぐ「臨海部ルート」の計3ルートを計画している。

総事業費は約3200億円で、自治体などからの補助金も活用していきたい考え。新たなインフラで、課題だった羽田空港から東京都心へのアクセスを改善する。

JR東は同日、訪日外国人専用のSuica(スイカ)を9月に発売すると発表した。訪日外国人の利用実態を踏まえて、利用期間は28日間に限定する。スイカに必要なデポジット(預かり金)を不要にして利便性を高める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン