/

この記事は会員限定です

「地域仮想通貨」地方で脚光 イオン系が支援サービス

[有料会員限定]

企業や自治体がIT(情報技術)を使った地域限定の仮想通貨を相次ぎ発行している。イオン子会社は今春以降、自治体向けに独自通貨の発行・運用を支援する新サービスを始める。商品券などの形で発行されていた地域通貨とITを組み合わせた「地域仮想通貨」は、詳細なデータ分析やコスト削減が可能。地域経済活性化の新たなツールとして注目が集まる。

イオン傘下のフェリカポケットマーケティング(FPM、東京・港)は、5月以降に新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1183文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン