/

この記事は会員限定です

「消費増税円安」は4たび繰り返されるか

編集委員 田村正之

[有料会員限定]

昨年末比で大きく上昇した米国に比べ日本株は回復ピッチが弱い。円高進行懸念を背景にした企業業績不安が株価上昇を抑えている。そうした中、10月に予定されている消費増税に関し、過去の3回の消費増税が円安をもたらした経験則に期待する声がある。

消費増税があった1989年(0%→3%)、97年(3%→5%)、14年(5%→8%)のいずれも、ドル円相場は消費増税後は円安基調で推移した。特に89年と14年は増税直...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1316文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

人生100年時代の年金戦略

著者 : 田村 正之
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,512円 (税込み)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン