/

この記事は会員限定です

[FT]偽ニュースも生成できるAI、詳細公表を見送り

マスク氏支援の研究機関

[有料会員限定]
Financial Times

起業家のイーロン・マスク氏が支援する人工知能(AI)研究機関の「オープンAI」は、成果が「フェイクニュース」やオンライン上のヘイトスピーチを大量に生み出すために悪用されかねないとの懸念から、自動文章生成に関する最新の研究成果の一部を公表するのを見送った。

AIシステムが次第に強力になっているなか、今回の判断は研究を自制する珍しい取り組みだ。AI研究の大部分は「デュアルユース」で、有害な目的のために...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2155文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン