ヨネックス、自然に歩幅が伸びるシューズ ロコモ対策に

2019/2/15 14:14
保存
共有
印刷
その他

ヨネックスは15日、衝撃吸収性と反発性を高め、自然に歩幅が伸びるようにしたウオーキングシューズを3月中旬に発売すると発表した。ソールに用いる衝撃吸収材「パワークッションプラス」の反発性を一般的な素材と比べて6割強高めた。つま先とかかと部分に反らす方向で角度をつけ、歩幅が広がりやすいようにした。加齢による衰えが原因で運動機能が低下する「ロコモティブシンドローム(ロコモ、運動器症候群)」の研究が進むなか、対策としてウオーキングへの注目が高まっている。歩幅を広げ、歩行のスピードを上げることが有効とされている。

ヨネックスが発売するウオーキングシューズ「LC103」(写真はシルバー)

商品名は男性用が「パワークッション MC103」、女性用が「同 LC103」。価格は各税別1万5000円。全国のスポーツ量販店や靴専門店で販売する。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]