/

人事クラウドのワークデイ「3年間で顧客100社目標」

日経クロステック

クラウド型人事管理ソフトを手掛ける米ワークデイの日本法人は2019年2月14日、東京都内でビジネス戦略発表会を開き、日本における成長戦略を公表した。20~22年度までの3カ年計画で日本市場をテコ入れする。日本の大企業100社を顧客として獲得する目標を掲げた。

ワークデイの鍛治屋清二社長

「3年間で国内のクラウド型HCM(ヒューマン・キャピタル・マネジメント)分野のマーケットリーダーになる」。発表会で、同社の鍛治屋清二社長はこう意気込みを話した。

現在、ワークデイは国内に500社ほど顧客を抱える。ただ、「海外企業の日本法人が多く、日本発のグローバル企業に絞ると約30社」(鍛治屋社長)という。そこで、計画初年度の20年度はパートナー企業と協力して販路を広げる。パートナー企業はアクセンチュア、日本IBMなど5社。「日本市場に合う体制を確立して製品の認知度を広げる」(同)。

21年度には財務管理向けのサービスも国内で始める。大企業だけでなく中堅企業の需要も取り込んでシェアを拡大しつつ、22年度には日本市場での地位を固めたい考えだ。鍛治屋社長は「日本のHCM市場はパッケージが主流でクラウドは発展途上。クラウド型HCMの強い市場を確立して信頼を獲得したい」とした。

(日経 xTECH)

[日経 xTECH 2019年2月14日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン