進化するマネーボール

フォローする

大谷20発、菊池8勝 成績予想の根拠とは?
野球データアナリスト 岡田友輔

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2019/2/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

大谷翔平(エンゼルス)は2割6分7厘、20本塁打、菊池雄星(マリナーズ)は8勝8敗、防御率4.20――。データ分析サイトを運営する米国のベースボール・プロスペクタスが先日、こんな2019年シーズンの成績予想を発表した。

大リーグでは毎年、複数のデータ会社が全選手の成績予想を出している。ひいきの選手がどれぐらい活躍するかはファンであれば気になるところだ。こうした予想は何が根拠になっているのだろうか…

保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

進化するマネーボール 一覧

フォローする
送りバントは多くの場合、得点期待値も得点確率も下げてしまう=共同共同

 初回、先頭打者が出塁して2番打者。ここで送りバントのサインが出れば、解説者は決まってこう言うだろう。「手堅いですね」。しかし統計からみると、これは正確とはいいがたい。
 まずは2014~18年の日本の …続き (1/14)

MVPを受賞し、笑顔で握手を交わす巨人・坂本勇(左)と西武・森。ともに圧倒的な得票だった=共同共同

 2019年のプロ野球最優秀選手(MVP)はセ・リーグが巨人の坂本勇人内野手、パ・リーグは西武の森友哉捕手が選ばれた。攻守の要としてチームをリーグ優勝に導いた2人の活躍はMVPにふさわしい。しかし、選 …続き (2019/12/1)

日本シリーズ3連覇を果たし、沈黙する巨人ベンチの前で喜ぶソフトバンクナイン=共同共同

 今年のプロ野球日本シリーズはパ・リーグ2位のソフトバンクがセ・リーグ優勝の巨人に4連勝と圧倒した。ON対決以来19年ぶりとなる注目の顔合わせだったが、あらゆる面で力の差は歴然としていた。直近10年の …続き (2019/11/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]