/

ネット口座から不正送金 被害1億9千万円か 容疑の中国人男逮捕

銀行のインターネット口座に不正アクセスし、別口座に送金された現金33万円を引き出したとして、警視庁サイバー犯罪対策課などは15日までに、中国籍の大学生、林航容疑者(23)=東京都品川区大井=を不正アクセス禁止法違反などの疑いで逮捕した。

同課によると、林容疑者は不正送金グループのメンバーとみられ、不正送金額は1億9千万円で、うち9千万円が引き出されたという。

同課によると、何者かが国内の複数の金融機関口座に不正アクセスし、別の口座へと送金。林容疑者は送金直後に銀行のATMなどで現金を引き出し、駅のコインロッカーに保管。その後、グループの別の人物が現金を回収したという。

林容疑者は中国人が使うSNS(交流サイト)で指示を受けており「口座から引き出したのは間違いない」と出金の事実を認めているが、不正アクセスや送金については否認している。

逮捕容疑は2018年8月中旬、不正アクセスで送金された現金33万円を引き出すなどした疑い。林容疑者は引き出す金の5%程度を報酬として得ていたとみられる。

計1億9千万円を不正送金された被害者は全国で70人に上り、最大で1300万円の被害に遭った人もいたという。同課は指示役がいるとみて調べを進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン