ケフィア関連会社を捜索 警視庁 出資法違反容疑

2019/2/15 8:53
保存
共有
印刷
その他

通信販売会社「ケフィア事業振興会」(東京・千代田、破産手続き中)を巡る出資法違反事件で、警視庁は15日、同社の関連会社「かぶちゃん農園」(長野県飯田市、同)を同法違反容疑で家宅捜索した。関連会社も通販会員を対象にした資金集めに関与したとみて、全容解明を進める。

家宅捜索のため「かぶちゃん農園」に段ボールを運び込む警視庁の捜査員ら(15日午前、長野県飯田市)=共同

家宅捜索のため「かぶちゃん農園」に段ボールを運び込む警視庁の捜査員ら(15日午前、長野県飯田市)=共同

捜索容疑は2018年2~6月、元本保証や利息の支払いを約束し、東京や神奈川の60~80代の女性4人から現金約310万円を預かった疑い。

ケフィア社は通販会員へのダイレクトメールで、かぶちゃん農園が扱う干し柿やりんごジュースなどへの出資を募っていた。警視庁は集めた資金が関連会社にも流れたとみて調べる。13日には都内のマンションで、かぶちゃん農園の元社長(51)の遺体が見つかった。同庁によると、自殺とみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]