2019年5月26日(日)

アマゾン、NY「第2本社」白紙に 地元の反対受け

2019/2/15 3:31
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=清水石珠実】米アマゾン・ドット・コムは14日、米東部ニューヨーク市で予定していた「第2本社」の建設計画を撤回した。自社のブログで明らかにした。地元政治家からの反発が強まっていたことを受けて、「長期的に協力的な関係を築けない」と判断したという。

アマゾン第2本社の建設計画に反対する地元政治家ら(2018年12月、ニューヨーク市)=AP

アマゾン第2本社の建設計画に反対する地元政治家ら(2018年12月、ニューヨーク市)=AP

米紙ワシントン・ポスト(電子版)が8日、関係者の話としてアマゾンが計画撤退を検討していると報じていた。

アマゾンが建設を計画していたクイーンズ区には中間所得者が多く住む。アマゾン本社勤務の高所得者が流入することで、地元では家賃の急騰や学校などの公共施設の不足を招くのではないかとの懸念が広がっていた。特に州や市議会の議員からは、多額の利益をあげているアマゾンに対して、自治体が30億ドル(約3300億円)規模の助成金と税優遇措置を与えることに疑問の声が噴出していた。

アマゾンは17年9月に西部ワシントン州シアトルに続く第2本社の建設計画を発表。238の地域による誘致合戦の末、18年11月にニューヨーク市と首都ワシントンに近いバージニア州北部に2つの新本社を設置すると発表した。

今後、ニューヨークに代わる候補地を再び探すことはしない。バージニア州北部と、第2本社よりも小規模の拠点開発を決めていた南部テネシー州ナッシュビルの2カ所での計画は予定通り進めるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報