/

この記事は会員限定です

AIのルール、企業が作る 技術と人権の調和目指す

[有料会員限定]

産業界で人工知能(AI)の開発や利用に関する自主基準づくりが相次いでいる。AIで大量のデータを収集したり分析したりする行為は個人情報保護やプライバシーへの配慮が欠かせない。消費者らの懸念を払拭しつつ、開発実態に合わせたルールを民間主導で積み上げ、AI活用の環境を整える。

(編集委員 瀬川奈都子)

カメラで顔を認識して代金は給与から天引き――。NECは2018年12月、セブン―イレブン・ジャパンと共同でレジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1672文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン