浅野家入城400年 「江戸期の広島」イベント続々

2019/2/15 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

広島藩主として浅野氏が広島城に入城して400年を迎えた今年は、広島市を中心に県内で様々な記念行事が目白押しだ。干拓で城下町を拡大するなど広島の発展の礎を築いた浅野氏の藩政や、これまで語られることが少なかった江戸期の文化・暮らしを見つめ直す動きが一斉に始まる。

市民の憩いの地となっている広島城。日本三大平城の一つとされるが、江戸期の「殿様」がだれか、ということを正しく知る県民や市民は実は多くはなか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]