合併審査 データも考慮へ 政府がガイドライン変更へ 価値の測定が課題に

データの世紀
2019/2/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は企業結合の審査ルールを見直し、データの価値を審査項目に加える検討を始めた。公正取引委員会の「企業結合ガイドライン」の改定などを目指す。プラットフォーマーと呼ばれるIT(情報技術)大手が、M&A(合併・買収)を通じてデータ寡占を進めることに対応する。データの価値の算定手法などが課題になりそうだ。

審査ルールの見直しは、政府の未来投資会議が検討するプラットフォーマー規制の一つ。新たな審査項目と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]