佐久ホテル 家訓守り600年、信玄も接待
(老舗の研究 持続の秘訣)

2019/2/14 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

室町時代の1428年、望月城の望月河内守が現在の佐久ホテルの場所で領主として宿泊や料理を提供したとの古文書が残る。長野県随一の老舗企業で、十九代当主の篠澤明剛社長は「世界最古の飲食店としてギネスブックに申請している」と語る。

古文書をたどると、1531年に武田信玄を接待したのをはじめ、小林一茶、葛飾北斎、島崎藤村、柳田国男、北原白秋、若山牧水ら様々な人物が宿泊している。

幕末から明治の激動期に積…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]