AIで「おいしさ」測定 新興企業、食品市場に新風

2019/2/18 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

味覚を人工知能(AI)で分析するスタートアップ企業のサービスが広がっている。甘味や酸味を数値で表すだけでなく、蓄積したデータを基に実際に食べた時の感じ方をAIで分析し、「おいしさ」を測る。小売店の販促や食品メーカーの商品開発で使われ始めた。多様化する消費者の好みを効率よく知る手段として注目されている。

■ワインの銘柄お薦め

「渋い赤ワインが好きだけど銘柄まで詳しくない。簡単に好みに合うか調べられる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]