2019年5月26日(日)

テクノロジー企業のコンテスト、イーグリスが優勝

2019/2/14 18:37
保存
共有
印刷
その他

リコーオムロンが出資するベンチャーキャピタル(VC)のテックアクセルベンチャーズ(東京・港)は14日、研究開発型スタートアップの事業プランを競うコンテスト「テックシリウス2019」を東京・丸の内で開いた。人工知能(AI)やロボット関連分野の12チームが登場し、個人情報などのデータを暗号化したままAIで処理する技術のイーグリス(東京・渋谷)が優勝した。

AIやロボット関連の企業が事業アイデアを競った

同社は2016年の創業で、秘匿性を保ちつつデータを分析できる「秘密計算」のプラットフォームを企業向けに提供する。今林広樹社長は「AI活用が進むなかで大企業にはデータ分析と保護のジレンマがある」と指摘し、企業や部門をまたいでデータを活用できるようにする技術にニーズがあると強調した。

コンテストには創業5年以内の新興企業と、今後起業を予定するチームを含む51の応募があった。優勝したイーグリスは賞金50万円を獲得し、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング(東京・千代田)から6カ月間、経営のコンサルティングを受ける。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報