/

後発薬3社、4~12月最終増益 販売増で薬価下げ補う

後発医薬品大手の沢井製薬東和薬品日医工の2018年4~12月期連結決算が14日出そろい、そろって最終増益となった。新製品などが販売拡大をけん引し、薬価引き下げの影響を補った。

沢井製薬が14日発表した4~12月期の純利益(国際会計基準)は前年同期比7%増の168億円だった。新たに発売したインフルエンザ薬「タミフル」の後発薬が好調だったうえ、前期に買収した米子会社が全体の収益を下支えした。

東和薬品の純利益は42%増の104億円だった。予定していた研究開発費の計上が先送りになり、利益を押し上げた。19年3月期の純利益見通しを前期比77%増の115億円と従来予想から25億円引き上げた。

日医工の純利益(国際会計基準)は3%増の69億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません