/

この記事は会員限定です

AIで社会の多様性実現 総務省、まず外国人対応検討

[有料会員限定]

総務省は人工知能(AI)を生かし、社会の多様性を実現するための政策作りに乗り出す。まず2020年の東京五輪・パラリンピックなどをにらみ、外国人をテーマに選定。外国人が日本に滞在して生活するうえで抱える課題をAIで解決する政策プロジェクトを練り上げる。政府が今春にまとめるAI戦略パッケージに盛り込む。

15日に新たな有識者会議を立ち上げ、具体的な課題を洗い出す。外国人住民が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン